カイテキオリゴで毎日スッキリ!

食生活やライフスタイルの変化で、便秘に悩む人が年々多くなって、便秘が病気やストレスの原因になることもあるので怖いですよね。

 

特に女性は便秘になりやすいライフイベントが多いですから、慢性的に悩んでいる人も多いでしょう。

 

現代病ともいえる便秘の解消が期待できるとして注目されている食品のひとつに、オリゴ糖があるんです。

 

カイテキオリゴは他のオリゴ糖食品の弱点を克服し、独自のEOS理論を用いてスッキリを応援してくれるオリゴ糖食品なんです。

 

 

 

 

カイテキオリゴは独自のEOS理論でスッキリをサポートします

カイテキオリゴは、毎日快適にスッキリできない人をサポートしてくれる健康食品です。

 

純粋で高レベルなオリゴ糖食品で、原料は自然豊かな北海道のてん菜とか栄養豊富な牛乳とか自然のものばっかりです。

 

あの有名なモンド・セレクションでも、5年連続で最高金賞を受賞しているんですよ。

 

その上、店舗で販売していないのに、数有るオリゴ糖食品の中で、売上日本一になるという快挙も達成しています。

 

その秘密は、独自のEOS理論にあるんです。

 

といってもEOS理論って何?って思いますよね。

 

オリゴ糖は腸内で善玉菌の餌となることで、善玉菌を増やし、悪玉菌と戦う力を高め、便秘の解消に役立つといわれています。

 

善玉菌に代表されるのがビフィズス菌なんですが、腸内には30種類以上のビフィズス菌が存在するんです。

 

でもオリゴ糖って、お気に入りのビフィズス菌としか仲間にならないんですよ。

 

数多くのオリゴ糖食品が販売されていますが、その多くは一種類のオリゴ糖だけでできているんです。

 

1種類のオリゴ糖に対し、仲間になれるビフィズス菌は限られてしまいますから、ほとんどが仲間になれずに本来の力を発揮できませんよね。

 

その複数のビフィズス菌と仲間になれるという、一見簡単そうで、実は難しいことを実現させたのがEOS理論なんです。

 

赤ちゃんや妊婦さんには使用が制限されるものも多いですが、高品質、高純度のカイテキオリゴは安心して利用できちゃいます。

 

砂糖の4分の1のしつこくない甘さが、ヨーグルトなどにちょっと甘味を足したい時に程良く味を整えてくれるのもうれしい特長ですね。

 

砂糖は湿気で固まることがありますよね。

 

でもカイテキオリゴは配合に工夫がされているので、最後までサラサラ感を失わないんです。

 

使いやすいというのも毎日利用する人にとってストレスレスになりますね。

 

善玉菌のエサになるオリゴ糖ですが、善玉菌が住んでいるところまでたどり着かないと善玉菌が餌を食べることができないですよね。

 

人間の腸って7メートル以上くらいあって、すごく長くて、善玉菌の住まいは腸の一箇所じゃなくて、いろんなところにあるんです。

 

だからオリゴ糖を腸の入口から出口までまんべんなく行き渡らせるのって、実はとっても難しいんです。

 

それに水分がなくなって便が固くなると、トイレですごく苦しみますよね。

 

ありがたいことにカイテキオリゴは、このふたつの弱点もカバーする配合になっているんです。

 

カイテキオリゴは特に女性から支持されています

前述しましたが、カイテキオリゴには使用制限がなく、赤ちゃんから高齢者まで幅広い年齢層の利用者がいるんです。

 

ほんのりした甘さで、味の邪魔をしませんから、料理に使えば食事で家族全員がオリゴ糖を摂取できちゃいます。

 

妊婦や、母乳ママにも愛用者が多いんですよ。

 

母乳には、もともと多くのオリゴ糖が含まれているんです。

 

なので母乳を飲んでいる赤ちゃん自身がオリゴ糖を摂取する必要は特にありません。

 

でもお母さんが代わりに摂取することで、オリゴ糖をたっぷり含んだ質のいい母乳をあげることができます。

 

逆に粉ミルクには限られたオリゴ糖しか配合されていませんから、粉ミルクにカイテキオリゴを加えることで赤ちゃんが便秘で苦しみにくくなるんです。

 

離乳食が始まると、今度は排泄されないで溜まる食べ物のカスが増え、悪玉菌も一気に増えてきます。

 

小さな子供が便秘に苦しんでいるのは、見ているほうも辛いものですよね。

 

子供の便秘解消のサポートに、カイテキオリゴを利用しているママもたくさんいるんですよ。

 

妊娠中は便秘になりやすいですから、妊婦さんの快便サポートにもよく利用されています。

 

妊婦や授乳ママは便秘薬や下剤を飲めませんから、食品のオリゴ糖が役立ってくれます。

 

朝忙しかったり、勉強や部活でのストレスが溜まっていたりで、便秘になりやすい思春期の女子が使っても大丈夫ですね。

 

快便のためには腸内で善玉菌が優位でないといけませんが、善玉菌は40代になると一気に減少しちゃうんです。

 

便秘になった高齢者がトイレで長時間苦しんで、脳卒中になって救急車で運ばれたり、命を落としたりというケースもありますから怖いですよね。

 

40代、50代の中高年や70歳以上の高齢者も、加齢によって減った善玉菌を増やす目的で購入し続けている人も多いようです。

 

やはり女性のほうが便秘に悩んでいる人が多いようで、女性の利用者が多いですが、男性にも愛用者はいます。

 

大人には大人、子供には子供の適量がありますので摂り過ぎには注意しましょう。

 

 

カイテキオリゴはどこで購入するのが1番お得なの?

そんなにいいものなら、いますぐお店に行って買いたくなりますよね。

 

でもカイテキオリゴは店舗での販売をしていませんから、近所のドラックストアやスーパーに行っても買えません。

 

現在のところ、通販のみでしか販売されていないんです。市販はされていません。

 

 

カイテキオリゴを購入するなら公式販売サイトが1番お得!?

カイテキオリゴは楽天やAmazon等の大手ネットショップでも取り扱っていますが、販売元の北の快適工房公式サイトから申し込むとどこよりも安く購入することができます。

 

購入価格が都度購入よりも安くなる定期購入コースがあるんです。

 

その定期購入コースには3種類コースがあるんですけど、1番人気は3ヶ月毎にお届けするコースのようです。

 

それにサービスがあるのは初回だけじゃないんです。

 

2回目以降も、定価の15%OFFのお得価格で購入できるんです。

 

通常価格でも3000円弱と1日5グラムの使用で約1カ月使えるので、1日100円弱という良心的な価格設定ですよね。

 

それが約15%の値段で買えて、1日80円弱になるので、よりお得になるわけです。

 

3カ月後はいつでもやめられるというのも、気楽でいいですね。

 

また、1日に摂取する量を測ってくれる計量スプーンと、カイテキオリゴのオススメの食べ方などが掲載されている「カイテキオリゴ読本」も特典でもらえます。

 

さらには、値段がお得になるだけではなく、購入の後も健康管理士と専任アドバイザーに相談できるという安心も手に入ります。

 

無理に勧誘されたり、電話で購入を勧めたりされると鬱陶しいなと思う人も多いと思いますが、その心配はありません。

 

 

カイテキオリゴをお試しで購入したい方には1ヶ月購入コースもあり

先ほどお得な定期購入コースのお話をしまいしたが、自分に合うかもわからないのに3か月分じゃちょっと多いな・・・って方には1ヶ月毎に届く定期購入コースが1番良いのではないかなと思います。

 

3ヶ月コースよりも割引率は落ちてしまいますが、それでも定価の10%OFFで購入することができます。

 

これでまずカイテキオリゴを試してみて、良かったらそのまま定期購入コースを続けるのも良いですし、3ヶ月コースに変更してさらにお得に購入するのも良いでしょう。

 

また、通信販売だと送料がいくらかかるかや、支払方法の選択肢も気になりますよね。

 

配送はゆうパケットと佐川急便のふたつから選ぶことができ、カード払い、後払いが利用できるんです。

 

ゆうパックにすれば、送料が180円程度と格安で届けてもらえます。

 

佐川急便では400円強と多少高くはなりますが、日時指定ができ、代金引換が利用できるというメリットがあります。

 

クレジットカードと、コンビニや郵便局での後払いも利用可能で、NP後払いもOKという便利さも魅力ですね。

 

 

カイテキオリゴに期待できる効果って?

腸内には100兆個もの細菌があるといわれ、善玉菌はその20パーセントを占めているといわれています。

 

善玉菌が20パーセントに対し、悪玉菌が10パーセントというのが正常なバランスなんです。

 

でもバランスの悪い食事や生活習慣の乱れで、悪玉菌は増えます。

 

悪玉菌が増えると、便秘になりやすくなります。

 

ビフィズス菌とか乳酸菌とかの善玉菌が入った食品もたくさんありますから、それを食べて善玉菌を増やそうとしている人も多いですよね。

 

でも、善玉菌って生きたまま腸に届かないものも多いんです。

 

善玉菌の餌になる食品を摂取して、腸内にある善玉菌を元気にして数を増やすほうが大きなメリットが得られる場合もあるんです。

 

オリゴ糖は善玉菌の餌となる食品として代表的なものなんですが、善玉菌は結構わがままでオリゴ糖の選り好みをします。

 

カイテキオリゴには複数のオリゴ糖が入っていて、それが最適な配合でブレンドされています。

 

複数のオリゴ糖が配合されているカイテキオリゴなら、いろんな善玉菌の好みに応えることができますから、餌を食べられない善玉菌が少なくなります。

 

餌を食べられる善玉菌が多くなれば、元気になる善玉菌も多くなって、腸内の善玉菌が増えやすい状態が保たれるというわけですね。

 

腸内環境が整うことで、便秘のほかにもいろいろ期待できる効果があるんです。

 

そのひとつがアトピー性皮膚炎です。

 

アトピー性皮膚炎を患っている人は、激しいかゆみに苦しんでいて辛そうですし、症状を緩和する薬で副作用を起こすこともありますね。

 

腸内環境を整えることで、アトピーの原因となるものを体から追い出しやすくなり、症状が軽くなることもあるんです。

 

アトピーのほかに、春先に悩んでいる人が多い花粉症にも効果が期待できるんです。

 

アトピーも花粉症も免疫機能が正常に働かないことで、発症するといわれていますよね。

 

免疫細胞の多くが腸内にあるため、腸内の状態が症状に大きく影響してくるんです。

 

腸内の状態が悪く、要らないものが体の外に追い出せないと、血液に毒素が残ったままになって、体中を巡ることになります。

 

そうなると、くすんだ肌色になったり、ニキビができたりと肌トラブルが増えやすくなります。

 

善玉菌を増やす効果が期待できるカイテキオリゴで、肌をきれいにするメリットも期待できるんです。

 

カイテキオリゴの主成分はラフィノースで、北海道産のてん菜から抽出されたものです。

 

そのほかには、フラクトオリゴ糖やイソマルトオリゴ糖といった数種類のオリゴ糖がブレンドされています。

 

ほぼ天然のもので作られ、体に悪影響のある添加物は使われていませんから、ほとんど副作用の心配がないのもうれしいですね。

 

 

カイテキオリゴの原材料の詳細は以下のようになります

ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、環状オリゴ糖(シクロデキストリン)、フラクトオリゴ糖、
イソマルトオリゴ糖(他:アカシア食物繊維、難消化性デキストリン、ショ糖)

 

 

ただ、牛乳から抽出されたものも含まれているので、牛乳アレルギーのある人は注意してくださいね。

 

ほかの注意点は、摂取量を増やしすぎるとお腹がゆるくなることがあるくらいです。

 

栄養素は100グラム中約93パーセントが炭水化物で、わずかな脂質とナトリウムを含んでいるだけです。

 

エネルギーは100グラム中約200カロリーで若干多いような気がしますが、実際に使用する時は小さじ一杯から大さじ1杯ほどです。

 

砂糖100グラム中のカロリーが約380キロカロリーですから、比べるとかなり低カロリーですよね。

 

カイテキオリゴを利用して、ダイエットに成功している人も多いようです。

 

残念ながらカイテキオリゴは食品ですから、薬のように即効性はないんです。

 

じっくり、時間をかけて体の変化を待ちましょう。

 

 

味の邪魔をしないのでいろんなものに混ぜられます

カイテキオリゴは、サラサラとした細かい粉末状になっています。

 

溶けやすいのが特徴なので、コーヒーや牛乳など、普段普通に飲んでいるものに混ぜると簡単に摂取できちゃいます。

 

甘さは砂糖の4分の1くらいですから、甘味料としてはちょっと弱いですが、料理に混ぜても味を邪魔しないのでご飯に混ぜても大丈夫なんです。

 

熱にも強いので、煮物に少し加えてもいいですね。

 

多くの人がやっているのがヨーグルトにかけて食べるというやり方で、砂糖ほど甘くなりすぎず、乳酸菌も一緒に摂れると好評なようです。

 

自分の希望する効果が出ないなと思ったら、飲む時間帯を変えてみるのもオススメですよ。

 

便秘解消の効果を期待してカイテキオリゴを利用している人が多いと思いますが、便秘にメリットが期待できるのは朝なんです。

 

コップ一杯の水分と一緒に摂取することで、胃腸に程よいショックを与えられて、腸の蠕動運動を応援してもらえます。

 

肌へのメリットを期待するなら、細胞が生まれ変わる夜です。

 

効果を実感するまでには多少時間がかかることもありますので、30日を目安に気長に続けるのがコツです。

 

悪玉菌には厄介な性質があり、乳酸菌やオリゴ糖に対して学習するので、同じ使い方を続けていると慣れてしまいます。

 

毎日ヨーグルトに混ぜたり、コーヒーに溶かしたりして飲んでいると効き目が薄れてくることもあるんです。

 

でも摂取する時間を変えたり、量を増やしたりして変化を持たせると回避しやすくなりますよ。

 

食物繊維が一緒に摂れる、プルーンやりんごなどと一緒に食べている人も多いみたいですね。

 

りんご自体にもオリゴ糖が含まれていますので、相乗効果も期待できます。

 

りんごは焼いたほうが、オリゴ糖を含むペクチンが増えるそうです。

 

砂糖の代わりに、オリゴ糖を使ったりんごジャムを作るのもいいですね。

 

ヨーグルトに代表される乳酸菌を含む食品と一緒に摂ることでも相乗効果が望めますが、和食にも納豆や味噌汁があります。

 

味の主張が弱いオリゴ糖は、これらの食品に混ぜても違和感なくいただけますね。

カイテキオリゴ体験者の口コミ

赤ちゃんから高齢者まで幅広い年齢層に愛用されているカイテキオリゴですが、利用者は実際にスッキリできたでしょうか。

 

「高校生の頃から、快腸のためにいろいろ試してきましたが、なかなかいい結果が出ませんでした。
初めての子供を身ごもり、子供のためにもスッキリな日々を取り戻さなければと、いいものを探していた時にカイテキオリゴに出会いました。
妊婦でも飲めるので、妊娠中から飲み始め、授乳中も飲み続けました。
そのお陰か母乳もよく出て、スッキリが続いています。
私の場合は、体に合っていたのか実感するのも早かったです。」

 

「実際に飲み始めるまでは、本当に効果があるのか、何かトラブルは起きないかと不安でした。
でも飲み始めたら、その不安は一気に消えました。
ホームページに載っていたスルット感ってこれのことか!と、小躍りしたい気分でした。
その後も飲み続け、スッキリするのが当たり前になっていく毎日に感動しています。
この出会いを大切にして、これからもずうっと続けていきたいと思います。」

 

「母乳が出なかった私は粉ミルクで息子を育てていましたが、生後6カ月を過ぎ、便秘気味になってきました。
便も固くなり、お尻が赤くなっているのがかわいそうでした。
カイテキオリゴは赤ちゃんでも大丈夫ということで、購入し、粉ミルクに混ぜて飲ませてみました。
最初は心配だったので少なめにしていましたが、あまり状況が変わらなかったので量を増やし、毎日出るようになりました。
赤ちゃんに影響がある添加物も入っていないし、天然のものから抽出されているということで安心して使っています。」

 

効果の実感には多少個人差があるものの、多くの人がスッキリを実感しているようですね。

カイテキオリゴをオススメしてきましたが

研究を重ねたEOS理論によって、複数のオリゴ糖を効率よく善玉菌と結びつきやすくした独自の配合がされたカイテキオリゴは多くの人にすっきりを提供しているようですね。

 

直接命に関わるものではないと軽視されがちな便秘の悩みですが、重い病気に繋がることもあります。

 

これを解消することで、心身の健康に大きな差が出ます。

 

食生活や生活リズムが崩れやすい現代人には、そのサポート役が必要不可欠となっていますが、カイテキオリゴはそのために大きく貢献してくれます。

 

赤ちゃんから高齢者まで、副作用の心配がほとんどなく利用できるというのも優秀なところですね。

 

続けることでより効果が実感しやすくなりますが、求めやすい価格でなければ続けることができません。

 

良心的な価格設定に加えて、公式サイトでお得な価格で購入可能なのも人気の秘密なのでしょう。