カイテキオリゴ 効果

カイテキオリゴを飲むと得られる効果は?

カイテキオリゴには、甘味料として使えるオリゴ糖が含まれています。
オリゴ糖はお腹をすっきりさせるのに効果的と言われていて、利用者からは「食品なので安心だし、お腹がすっきりして快適になった。」「無理なく出せるようになったので嬉しい。」といった感想が寄せられています

 

その効果の理由は、オリゴ糖が善玉菌のエサとなり、その結果善玉菌が増えて動きが活発になるためです。
腸の動きが鈍くなってお通じが滞っている人の大半は悪玉菌が増えている状態なので、善玉菌の数が増えて優勢になれば、腸が自然に良い状態に近づいていきます。

 

ただ、腸で活躍している善玉菌は1種類だけではありません。しかも存在している善玉菌の種類は一人一人違います。
人間でも食べ物の好みにそれぞれ違いがあるのと同じように、善玉菌にも好みのオリゴ糖があります。
腸内細菌との相性が合わないオリゴ糖は、善玉菌の役に立てないまま排出されてしまうため、複数種類のオリゴ糖が入っていれば、腸に対する効果はさらに高まります。

 

カイテキオリゴは独自のEOS理論で発明されました

カイテキオリゴでは、理論に基づいて30種類以上の善玉菌をサポートするように作られていて、大腸の奥まで届くように工夫されているので、腸全体に善玉菌のエサが行き渡るようになっています。
たとえ毎日摂取してオリゴ糖の量が増えたとしても、悪玉菌はオリゴ糖を食べられないので悪玉菌が増えてしまうことはありません。
カイテキオリゴに含まれているフラクトオリゴ糖には、ミネラルの消化を助ける働きがあり、消化されにくい性質があるので吸収されることなく大腸まで届いてくれます。

 

そしてカイテキオリゴには、水溶性食物繊維も入っています。水溶性食物繊維は水に溶けるとドロドロになり、便を柔らかくして排出を促します。
ゲル状になった食物繊維は粘膜を保護して糖質の吸収を緩やかにするので、食後の血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。
こうした効果の他にも、善玉菌のエサになって腸内環境を良くする、コレステロールを吸着して体外に排出する、腸までゆっくり移動するのでお腹が空きにくくなる、といった性質があります。

 

カイテキオリゴに入っているオリゴ糖は、北海道で収穫されてた「てん菜」から抽出されています。てん菜は別名「砂糖大根」と呼ばれていて、白砂糖と比べるとマイルドな甘さです。付属のスプーン1杯分(5g)のカロリーは10.5kcalであり、白砂糖の19.2kcalよりも低くいので、カロリーが気になる方も安心です。