カイテキオリゴ 下痢

カイテキオリゴが下痢に効果がある理由って!?

カイテキオリゴは便秘だけではなく、下痢にも効くのは、腸内の環境を快適にすることができるからです。
腸内環境が乱れることで、便秘や下痢を起こしやすくなります。オリゴ糖は善玉菌の良いエサになりますので、おなかの中に善玉菌を増やして、乱れた状態をと問えるために働きます。

 

人間の腸の中には500種類があり、細菌はおよそ100兆個の細菌も存在をしています。
細菌には大きく3つの種類があり、それらが整うことで健やかな腸内に変わります。

 

善玉菌は良い菌として知られているように、消化を良くしますし、排便も促すことになります。
善玉菌の多い腸内は、免疫力を高めることができるので、病気にはなりにくい健康体を維持しやすくなります。善玉菌といっても種類があり、乳酸菌やビフィズス菌はとても有名です。

 

反対に悪者扱いされるのは悪玉菌であり、増えすぎると消化も遅くなりますし、腸内の働きも悪くなります。
ウェルシュ菌やブドウ球菌は、悪玉菌の代表的な種類ですが、悪玉菌は触れすぎない適度な量なら問題はない菌です。

 

中間にあるのが日和見菌であり、悪玉菌と善玉菌の間にあるものなので、どちらかが勢力を増すと、そちらの味方をします。
善玉菌のほうが多くなれば、人間は健康を維持しやすくなることは、日本でもよく知られています。善玉菌のほうが多くなれば、日和見菌も善玉菌を味方します。

 

腸内の善玉菌を増やしていくためには、善玉菌の栄養源が必要であり、そのエサとなるのは糖質です。
食事にはほとんどに糖質が含まれるものの、分子量が大きいとか、腸まで届きにくい種類もあります。
大切なことは大腸まで届くこと、分子量も小さいことであり、そこで糖質のオリゴ糖は、届きやすく善玉菌のエサになるので脚光を浴びています。

 

オリゴ糖の商品は数多く市販していますが、そのほとんどはオリゴ糖を1種類使用している製品です
6種類ものオリゴ糖を含むのが、カイテキオリゴの強みでもあります。
乳糖にフラクトオリゴ糖、ラフィノースにミルクオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖や環状オリゴ糖を含みます。

 

いくつもの種類があるのがオリゴ糖であり、性質はそれぞれのオリゴ糖で違います。
腸内に存在をしている善玉菌もすべて一緒ではなく、多種多様ですから、善玉菌とオリゴ糖の愛称も必要です。
オリゴ糖が善玉菌のエサとなるのは、適したオリゴ糖である必要があるので、6種類も含むカイテキオリゴであれば、善玉菌と相性の良いオリゴ糖にも出会いやすくなります。